業務の手順書作成をマニュアル作成会社に頼もう【対応価格を確認】

レディ

仕事の見える化を目指す

相手企業の希望やこれまでの傾向、商談内容の記録や社員のデータなどを一元化し、見える化する商談管理は、ビジネスマンにとって不可欠なツールです。ツールによって的確な分析がなされるため、これまでになかったような戦略やチャンスが見えるかもしれません。

詳しく見る

通話

代行サービスの活用

オフィスや営業所になどにかかってきた電話を変わりに対応してくれる、それが電話代行サービスです。東京にも代行サービスを提供している会社はありますので、検討してみるのもいいでしょう。その場合、どうして利用するのか、利用目的を明確化しておくことが大切です。

詳しく見る

固定電話

自社の電話対応を外注で

電話代行サービスを利用する企業は多いですが、自社のニーズや要望にマッチしたところを選びましょう。基本料金にどれだけのサービスが含まれているか、しっかり確認しましょう。スタッフの質も重要なので、事業所に出向き様子を見せてもらいましょう。また、利用目的や予算も明確にした上で契約をしましょう。

詳しく見る

男性と女性

顧客管理で集客と売上向上

CRMシステムを使えば顧客の情報や取引履歴や注文履歴、対応履歴などを一元管理でき、スムーズな顧客対応ができるようになるほか、リピーターの獲得やリピート客を増やすために役立てたり、しばらく取引がない顧客の掘り起こしなどにも繋がり、集客や売上アップにも繋げられます。

詳しく見る

オフィス

マニュアル制作を外部委託

マニュアル制作会社は、それぞれ特色が異なります。得意分野も異なるので、依頼前に希望するマニュアルと制作会社の得意分野がマッチしているか確認しましょう。会社選びには、サイトのデザインを見ます。最近のマニュアルはタブレット対応なので、サイトがしっかりしていればタブレットマニュアルにも特化しているのです。

詳しく見る

「私の頭の中」はリスクだ

男の人

業務品質の低下を防ぐ

一般的に、業務はその担当のスタッフが行います。そのため、業務を行っていくうちに自分なりのやり方を身に着けていき効率よく作業を行うようにしていきます。その一方でその担当者が病気や退職などで引継ぎをしなければならなくなった場合に、それまでの担当者の頭の中にある手順を伝えていくということにはリスクが生じることもまた事実です。漏れがあったり、間違った手順を引き継がれたりした場合には業務品質が低下してしまいます。そのようなことがないように、「手順書」・「マニュアル」といったものを作って業務標準化を図ることになります。しかし人件費の最適化や効率化などに伴って人員不足が叫ばれる中、1人の担当者が行う作業も増えてきており多忙を極めてきているのが現実です。マニュアル作成の時間を取ることができず、また、できたとしても完成度に乏しいものができる可能性が出てきてしまうのが現実です。そこで、近年では「マニュアル制作会社」に業務を依頼するという傾向にあります。マニュアル制作会社は、クライアントとなる会社からしっかりとヒアリングを行いコンサルティングを行ってくれます。マニュアル制作会社という第三者機関に自社の業務を見てもらうことで、社内では全く気付かなかったことを指摘してもらえるといったメリットもあるのです。マニュアル制作会社の費用については、基本料金にオプション料金が追加されていくというのが一般的です。一般的には10万円前後からスタートしていく会社が多いと思われます。「自社の中で完結できること」と「マニュアル制作会社に依頼したほうが効率やコストパフォーマンスがよいと考えられること」をよく見極めて導入することが成功の秘訣といえるでしょう。