業務の手順書作成をマニュアル作成会社に頼もう【対応価格を確認】

自社の電話対応を外注で

固定電話

業者の選び方

電話代行サービスは1960年代から存在しています。多くの企業がこのサービスを利用しているでしょうが、いざ自社で依頼しようとなると、どう選べばいいか悩むかもしれません。わざわざコストをかけて電話代行サービスを依頼するなら、自社のニーズや要望にマッチしていなければ意味がありません。価格が安いというだけで、電話代行サービスを選ぶのはやめましょう。まず、基本料金の中にどれだけのサービスが含まれているのか、しっかりと確認しましょう。価格が安くとも、必要なサービスがオプションで別途かかるとなると、結果的に高額になるからです。こちらが予算を提示し、その中でできるサービスを提供してくれる業者もあることでしょう。希望するサービスの実現が予算内で難しい場合、優良な業者ならはっきりと教えてくれるはずです。スタッフの質もしっかりと確認する必要があります。しかし、多くの電話代行サービスは、コールセンターの事業所が地方にあります。そのため、なかなか実態を知ることができません。実際に事業所に出向き、様子を見せてもらえるよう交渉しましょう。きちんとした業者であれば、快く承諾してくれるはずです。もし出向することに先方が渋るようなら、サービスに自信がない証拠かもしれません。事業所に出向くのが難しい場合も、しっかりと担当者に質問をし、会社の質を見極めましょう。利用目的を明確にすることも重要です。電話の対応を外注にした方が便利そうだからという理由だけでは、営業に言われるまま余計なサービスを契約してしまう恐れがあります。社員の負担を軽減するため、予算はいくらなど、しっかりと決めた上で契約しましょう。